• 会社案内
  • 工法紹介
  • 採用情報
  • お問い合わせ

工法紹介

SY工法(アースドリル式拡底杭工法)

SY工法は、拡底部径を軸部径の2倍以上拡大掘削(拡底部面積最大4.84倍)することにより大きな支持力を得ることが出来る、新しい場所打ちコンクリート拡底杭工法です。

工法の特徴
最大拡底径 φ4700mm
4.84倍の高支持力
拡底率を従来の3.2倍から最大4.84倍に拡大。経済的な設計に対応。
高強度コンクリートに対応
コンクリートの設計基準強度45N/mm2まで対応。(構造体強度補正値 mSn=0N/mm2)
狭い現場でも対応
最大傾斜角16°の機械式機構により拡底バケットを小型化。小型掘削機にも対応可能。
オールケーシングにも対応
全周回転掘削機と反力装置によって拡底部掘削が可能。
確実な施工管理
拡大翼制限ストッパーによる機械的な制限機能で確実に管理。
確かな底ざらい能力
施工試験において底ざらい能力の高さを確認。
専用スライム処理機
φ4100mmを超える拡底径にはパンタグラフ式の専用スライム処理機を新開発。
杭体安全性の確認
FEM解析や1/10モデル破壊実験により安全性を確認。
施工安全性の確認
各種施工実験により施工安全性を確認。

施工手順

施工現場の様子